理想のペチュニア

【家】スウェーデンハウスの暮らし

家と体を整えるLani。
今回は、ハイビスカスもブーゲンビリアも好きだけど、なんだかんだ一番身近で好きな花といえばこの子なんだろうなと思う、ペチュニアについて。いろいろ育ててみて行き着いた品種について記していこうと思います。

ペチュニアは咲き終えた花殻をつむのが少しだけ面倒で、雨にも弱いけど、それでも手をかけただけこんもりと花をつけて答えてくれる、育てがいのある可愛いお花です。

私の求めるペチュニア像はハンギングでしなやかに垂れて広がって咲いていくタイプ。ヨーロッパの街風景にある、あの吊るされたペチュニアのハンギングバスケットを作ってみたい。と思いつつも、日々のあれこれでそこまでペチュニアに時間を割いてもいられず、今まで雨で弱らせてしまったこと数知れず。ごめんなさい。

ペチュニアにもいろんな種類があり、日々改良もされているようです。
ペチュニアは雨が苦手。雨に当たると途端に弱ってしまいます。

梅雨が明けたらペチュニアを栽培すればいいんだけど、温かい時期に咲く花が好きで、冬の間我慢していたお花を育てたいエネルギーが爆発し、梅雨明けまで待つなんて到底無理。だったら雨が降るたびに軒下に移動すればいいんだけど、梅雨の雨にその行動が追いつかず。

やっとみつけた! 完璧なペチュニア、
杉井明美さんというガーデナーさんが作った「さくらさくら」

ちなみに小雨の降る中での撮影・晴れた日はもっとこんもり生き生きしています
どこに被写体を置いて撮影してるんだというぐらいズレてますが、小雨が降る中でもこんなに元気な「さくらさくら」

ズボラでも育てられる! さくらさくら。

杉井明美さんのペチュニアは他にもホワイトカラーの「おゆきちゃん」、濃いピンク色の「桃色吐息」があります

もっとハンギングを作ろうと2ポット購入

Laniは「ヨガ」インストラクターのブログでしたが、私が住んでいるスウェーデンハウスでの暮らしについても発信していきます。そういうわけで「家」と「体」を整えるLaniとして活動してまいります。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

めぐみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました